発芽玄米は低カロリーで栄養価も高い健康食品である

体にいい効果が満載

栄養補助食品

プラセンタとは人や哺乳類の胎盤から摂取した成分です。プラセンタには、体にいい効果がたくさんあります。主な効果は自律神経のバランスを整えてくれることや免疫力を高めてくれるなどといった働きがあるのです。

More Detail

それぞれ特徴がある

青汁を飲むシニア男性

青汁は健康にいいことで有名ですが、苦味が強く苦手だという人も多いでしょう。しかし種類によって苦味があまりなく飲みやすい美味しい青汁もあるのです。種類によって効果にも違いがあり、抗酸化作用やデトックス効果があります。

More Detail

手軽に作れる

笑顔の中年女性

発芽玄米は、普通の白米とは違い発芽を使用して作られたお米です。白米よりも低カロリーで栄養分も高いことから健康食品として高い人気を集めています。玄米を数日間の間、水につけておいて発芽させたものを原料として作られています。日本人の主食はお米です。普段口にすることの多い白米はエネルギーを付けるためにたんぱく質などが多く含まれており、高カロリーのものがほとんどなのです。しかし、この発芽玄米はカロリーを抑えることで健康的な体を作ることができるという優れた食材なのです。含まれている成分も大変豊富で、マグネシウムやカルシウムといったミネラル成分やビタミン類、食物繊維、イノシトール、オリザノールといった様々なものが多く含まれています。発芽玄米を食べることで期待できる主な効果は、コレステロールの低下や血糖値を下げる作用、ストレスを軽減する働き、不安感を解消してくれる効果など実に様々な体にいい効果が期待できるのです。栄養価も高く、低カロリーなので高血圧症などといった生活習慣病に悩まされている人にとってはとても最適な食材だといえるのです。

発芽玄米の作り方としては、まず玄米を購入しなければなりません。玄米は市販のスーパーや通販、農協などといった場所で手軽に購入できます。この玄米を常温の水に浸しておき、1日から2日間ほどの間そのままにしておきます。そうすると、玄米が発芽する仕組みとなっています。発芽をするのは比較的簡単に行えます。室内や水の温度を30度ぐらいに設定しておくと発芽がしやすくなります。この温度調節さえしっかりすれば、自宅などでも簡単に発芽玄米を作ることができるのです。しかしこの方法は、雑菌などが発生しやすいのが難点となっています。雑菌の繁殖を防ぐためにも、専用の釜を購入したほうがいいといえます。専用の釜で作ると、衛生面もきちんとしながら作ることができます。また白米と混ぜて食べるという方法もあります。発芽玄米だけで食べるとどうしても味が薄くなってしまいます。そのため白米を適量混ぜて食することで、美味しく食事をしながら健康的になれるという二重の効果があるのです。

免疫抑制細胞を減らす

錠剤

シイタケ菌糸体はシイタケの根元部分から摂取することのできる成分で、体にたくさんのいい効果を発揮してくれます。主な効果は、免疫抑制細胞を減らしてくれたり肝機能を高めてくれる効果があります。がんの治療法でも活用されています。

More Detail